自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

タッチペンを使って自動車修理

      2015/06/27

長期間運転をしていると、車体に細かい傷がついてしまうのは
防ぎようがありません。

走行中に小石などをタイヤが巻き上げてしまい、
そのせいで細かい傷がついてしまうといったことが考えられます。

スポンサーリンク


自動車修理の中でも、こういった細かい傷などは、
タッチペンを使って自分で補修することが出来ます。

タッチペンを使っての傷の修理では、専用の筆を使って
傷口を塗っていくわけですが、その際に注意したいことは
少しづつ塗っていくことです。

少しづつ塗っていかないと、傷口部分がムラになってしまい、
仕上がりがきれいになりません。

このタッチペン専用の筆というのは、筆先が太いものが多いので、
どうしても多量の塗料を筆先に含みがちになります。

そういった場合は、書道で使う細筆などを利用して、
傷口の修復を行っていくようにしましょう。

 

また、ムラが出来ないように少量づつ塗ることも大切ですが、
塗料の色も出来るだけ車体の色に近いものを選ぶ必要があります。

塗料と車体の色が違うと、どれだけ丁寧に修理をしたとしても、
きれいな仕上がりにはなりませんよね。

 

タッチペンは、カー用品の専門店などで、様々な種類の色が
販売されていますので、出来るだけ自分の車の色に近いものを選びましょう。

近くに専門店が無い場合は、インターネットなどで探してみるのも
良いでしょう。

 

また、タッチペンで傷の修理をした後に、コンパウンドなどを使って
仕上げを行うのも効果的だといえます。

 

このように、細かい車体の傷ならば自分で修復出来ますので、
試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - キズ, 修理