自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

マフラーの損傷補修

      2015/06/27

自動車のマフラーに傷や損傷がみられたら、早急に修理を行うことが大切です。
マフラーに傷があると、その部分から排気が漏れる可能性があり、
大変危険な状態だといえます。

こういった自動車マフラーの修理は、自分で修復可能な場合も多いので、
異常に気が付いたらメンテナンスするようにしましょう。

 

まず、マフラー修理の工程で最初に行うことは、
サンドペーパーを使って汚れやサビなどを落とすことです。

汚れやサビを落とした後は、油分をしっかり落とすことも忘れずに行いましょう。
市販の脱脂用のスプレーを、車体のマフラー部分に十分噴射した後、
タオルなどできれいに拭き取って下さい。

スポンサーリンク


続いて、マフラーの損傷部分に穴などがあいている場合は、
パテを使って損傷部分の補修を行っていきます。
パテは、自動車マフラー修理用のものを使用するようにして下さい。

 

損傷部分にパテを埋め込む際は、手や指を使って直接塗り込むようにするようにしましょう。
その際直接パテに触れると、手がかぶれたりする場合がありますので、
ビニール製の手袋などを装着して作業するようにします。

 

パテの修復が終わったら、そのまま翌日まで放置して、しっかり乾いたのを確認してから、
最後の仕上げ工程に入ります。

 

最後の工程は、マフラー修理のための耐熱用テープを使用します。
市販されているものがありますので、マフラー用の耐熱テープを用意しておきましょう。

この耐熱テープを、マフラーの損傷部分やパテで補修した部分に
しっかりと巻きつけていきます。

補修用のテープは、バンドタイプのものを使っても良いでしょう。

スポンサーリンク

お宝車検.com

格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイト。
安心して、安く賢く、簡単に探せて選べる、日本最大級の車検予約サイトです。

 - キズ, マフラー, 修理