自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

自分で行う傷隠し方法

      2015/06/27

長期間自動車を運転をしていると、知らず知らずのうちに車体に細かい傷がついてしまうことがありますよね。
大きな傷や深い傷などの場合は、本格的に修理する必要がありますので、工場などに依頼する必要があります。

しかし細かい傷程度ならば、自分で修理することが出来ますので、試してみてはいかがでしょうか。
こういった、車体についた細かい傷を隠すための修理グッズは、数多く販売されています。

それではここで、具体的な車体の傷隠し方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク


まず最初に行うことは、傷口の汚れや油分をしっかりと拭き取ることです。

汚れや油分が残ったまま作業を始めてしまうと、最終的な仕上がりにムラが出来て、きれいに仕上がらない可能性があります。
ですから、面倒くさがらずにしっかりと汚れを落としておきましょう。

 

続いてサンドペーパーを使って傷部分を研磨していきます。研磨が終わったら、次はパテ埋めの工程に入りますが、傷隠しには「光硬化パテ」というものが効果的ですので、用意しておきましょう。

このパテは日光に弱い性質がありますので、作業を行う際は直射日光が当たらない日陰で行うようにして下さい。
ヘラなどを使って、傷口にパテを押し込むように塗っていきましょう。

 

パテの工程が終わったら、完全に乾くまで待ってから最後の仕上げに入ります。
傷隠し修理の仕上げとして、サンドペーパーで再度傷口の表面をならしてから、塗装をしていきましょう。

塗装は車体と同色のものを選び、重ね塗りをしておくことで、きれいな仕上がりになりますよ。

 

スポンサーリンク

 - キズ, 修理, 塗装