自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

車検が行われる手順

   

車検で行われる検査の手順について知っておくと、ユーザー車検を行う時の基礎知識として役に立ちます。ユーザー車検でない場合でも、どのようなチェックがなされるか知っておけば、車検前の整備作業を依頼する場合の参考になります。

スポンサーリンク


まず、提出書類の内容がチェックされ、過不足や記入漏れがないかの審査を受けます。それに問題がなければ、検査のラインへ車を進めます。

検査のラインでは、最初に外観検査を受けます。検査担当者の目視により、車体番号・エンジンルームや車内、ライト点灯やワイパーの動きなどが検査されます。

次に、走行系・制御系の検査を受けます。これは目視ではなく、機械を使ったチェックを受けます。チェックされるのは、タイヤの直進性・ブレーキの効き具合・スピードメーターの正確さなどです。

続けて、ライトの光軸や、排気ガスが基準値以下かを機械で検査、さらに車の下回りをハンマーでたたくなどの検査を受けて終了です。総合判定で合格すれば、車検は完了で、新しい車検証と検査ステッカーが発行されます。

いずれかの検査で不合格があった場合は、手直しを行ってから再検査を受けます。再検査は不合格となった部分だけ行われます。当日中の再検査であれば、検査手数料は無料ですが、何かの事情で後日再検査となった場合は、再度検査手数料が必要となりますので、注意してください。

再検査で合格したら、一発合格と同様に、新しい車検証を受け取って、車検終了となります。

スポンサーリンク

お宝車検.com

格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイト。
安心して、安く賢く、簡単に探せて選べる、日本最大級の車検予約サイトです。

 - ユーザー車検, 車検