自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

中古車購入時は車検の残存期間に注意

      2015/06/27

By: jaqian

最近は、かなり程度の良い中古車が流通していますので、
車を購入する時に、中古車の購入を検討される方も多いでしょう。

その際に、車の程度や年式、走行距離などと並んで、車検の残存期間もチェックする必要があります。

 

中古車の場合、前の所有者が必ず車検を行っていますが、
売りに出されたタイミングによって、かなり車検の有効期間が残っている場合、
ほとんど残っていない場合、時にはもう有効期間が切れている場合が考えられます。

車検の残存有効期間は、通常価格表示と併記されている場合が多いので、そこを確認しましょう。

スポンサーリンク


残存期間がかなり残っている場合は、それ自体が売りになりますので、
同じ程度・年式の車でも中古車価格は高くなります。

車検の残存期間があまりない場合は、その分中古車価格も安くなるので、買い得感があります。

 

しかし、購入して直ぐに車検を行う必要が出てきますので、
車検費用とトータルで考えて、どちらが得か判断することが大切です。

車検が切れている場合は、中古車価格としては一番安く済みますが、購入後の手続きが必要となります。

通常は、名義変更をしてから、改めて車検を受けて、公道を走行できるようになります。

 

自分で手続きすることもできなくはないですが、かなり面倒なことになりますので、
費用はかかりますが、購入する中古車販売店で手続きを代行してもらう方が良いでしょう。

この場合は、中古車購入価格に、車検費用・代行費用が上乗せされますので、
車検残存期間が短い場合と同様、目先の安さに惑わされないよう、注意が必要です。

スポンサーリンク

 - 購入, 車検, 車検費用