自動車をカスタマイズすることをこよなく愛するsusuke

車検、修理のちょっとしたヒントや秘訣、コツ、小技。

普通自動車と軽自動車の車検の違い

      2015/06/27

普通自動車と軽自動車では、車検に関していくつかの違いがあります。

簡単にその違いを述べてみましょう。

 

まず、普通自動車と軽自動車では、車検の検査が行われるところが違います。

普通自動車は、陸運局の管轄下にある、検査場で検査を受けますが、
軽自動車の場合は、各地に設置されている軽自動車協会で検査が行われます。

車検業者に依頼する場合は、任せてしまいますので気にしなくて良いのですが、
自分で車を持ち込んで行うユーザー車検の場合は、間違えないようにする必要があります。

スポンサーリンク


費用的な面では、自動車重量税と強制保険(自賠責保険)の保険金額が違います。

軽自動車の場合は、両方とも普通自動車の3分の2程度の金額で済みます。
検査手数料もわずかですが、軽自動車の方が少なくて済みます。

車検を業者に代行してもらう費用も、通常は普通自動車より安く済みます。

 

さらに、車検の手続きに必要な書類の準備も、軽自動車の方が手間が
少なくて済みます。

普通自動車の場合、申請しないと発行してもらえない納税証明書は、
軽自動車の場合は申請不要で送られてきます。

それに加えて、自賠責保険の証明書および点検整備記録簿・自動車検査証
(車検証)があれば、検査に必要な書類はそろいます。

 

点検整備記録簿の記入も、普通自動車より簡便に済ますことができます。

また、検査に必要な時間も、普通自動車に比べて短く、通常1時間程度あれば終了します。

 

このように、概して、軽自動車の車検の方が手続きが簡単で、
費用も安く済むと言えるでしょう。

スポンサーリンク

お宝車検.com

格安な車検費用を検索・比較ができる車検予約サイト。
安心して、安く賢く、簡単に探せて選べる、日本最大級の車検予約サイトです。

 - ユーザー車検, 車検, 車検費用, 軽自動車